スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by 切腹ザムライ  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

14才

俺が中学生のころに CDが世の中にでまわりだして

ちょっと照れながらも 音楽を聴くようになったんだけど


とにかく日本の音楽の歌詞がキモくって

ずっとイヤだった中坊時代の俺


なんで皆、こんなに愛の歌ばっかり歌ってるんだろう

集団ヒステリーなのか?



と 頭がおかしい世界をのぞくように

違和感まみれの歌詞を身体中にあびせられていた中学生の俺



なんか、愛の歌しか歌っちゃいけないって

ルールでもあんのかな


本気で不思議だった



そんな俺のもとに届いた進研ゼミの付録のCDで

であったのがザ・ブルーハーツ



「夢」そして「情熱の薔薇」を聴いて

とにかくほっとしたのを覚えてる



な~んだ 別にいいんじゃん

こういうのもあるんだ、あー良かった
 って



少年漫画だけを読んで育って

推理小説にはまってたころの俺に

いきなり少女漫画ど真ん中みたいな愛の世界を

ロッキンオンジャパンのような大げささで歌いあげられても



恥ずかしいだけだった



その後、ブルーハーツとであったことで

俺の人生はかわっていって・・・


というか

あのときあの歌がなかったら


とっくに このクソッタレの世界で生きることを

俺はあきらめていただろう


悲鳴のように 音程のとれない声で

ブルーハーツの歌詞を叫びながら

なんとか生きていた十代のころ



この世界への怒りを表現できなくて かわりに彼らの言葉で届けたくて

爆音でCDを流して

壁の向こうにいる親たちに

なんとか この言葉たちを届けようとしていた



いまでも ヒロトの声には

批評をはるかに超えて 胸をつかまれます



俺の人生に起こった 最大の事件が

あの日 CDショップに立ち寄ったことだったとは


もちろん当時の俺は知るよしもなくて

いきなり解散のときにでたライブバージョンをきいて

その歌の音程のなさにびっくりしてた



彼らの言葉にいかされて

もうこんなに生きてしまったよ


これからも よろしく





あの日の僕のCDプレイヤーは(リ、リ、リンダリンダ)

少しだけ威張って こう言ったんだ(やるよー!やっちゃうよー!)

いつでも どんなときでも

スイッチをいれろよ


そのときは 必ず

おまえ


十四才にしてやるぜ



リアル よりリアリティ

リアルよりリアリティ

ブルーハーツが僕らにくれた

リアルよりリアリティ


リアル




スポンサーサイト
by 切腹ザムライ  at 09:39 |  音楽の話 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。