スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by 切腹ザムライ  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

誰のモノ?

誰のモノ・・・?
大地って誰のモノですか?

この問いに答えられる方がいますか?
この問いに答え自体ないのかもしれません。


ただ
ネイティブ・アメリカン(インディアン)は
こう考えていたそうです。


「この大地と、その恵みは
自分でも他人でも誰のモノでもない・・・
むしろ
自らもを動物や木、石ころ、風と同じ大地の一部だと」

そう考えていたネイティブ・アメリカンが
どうなったかは、ご存知ですよね?

そうです。

東の海から来た白人達に、その全てを奪われました。

ネイティブ・アメリカンは
東の海から来た白人達に食べ物を施し
住居を与え、白人達を友と呼んだそうです。

が、

その友からネイティブ・アメリカンは全てを奪われました。
そうして現在のアメリカが存在しています。

これってどうなんでしょう?

おかしいでしょ?

正直者が馬鹿をみた典型でしょ?これって?

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

で、
大地って誰のモノなんでしょうか?

頭の良いヒトタチのモノ?

お金を持っているヒトタチのモノ?

喧嘩が強いヒトタチのモノ?


何も大地に限ったコトでもないんですけどね。

海って誰のモノなんでしょうか?

空って誰のモノ?

国境線

制海権

制空権

これって誰のためにあるんでしょう?

未来は月まで、どっかの誰かのモノになるんでしょうか?

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

俺はアメリカが、そう嫌いでもないですし、
アメリカのみを批判したいわけでもないんですけどね。

紛争・戦争など、どこの国・いつの時代でもあることですし。

ただ、紛争・戦争で何が得られたんでしょうか?


勝った側は、一時的に利益があることでしょう。


で、負けた側に何が残るのでしょうか?
それは恨みしかありえないわけで。
その恨みは
数年・数十年・数百年引き継がれる負の遺産となるでしょう。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

何かを奪うモノは、
何かを奪われても文句を言う権利などないと思うのです。

一方的に何かを奪うモノには、
いつか、そのつけが返ってくるのでしょう。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

柱の角に足の小指ぶつけたことあるでしょ?
半端なく痛いですよね?


殺されるって、その数十倍痛いと想いませんか?


どこの国・人種・民族問わず
生まれたばっかりの子供は赤いんですって。
だから赤ちゃんって言うんんでしょうね。


親・兄弟・友人って大事でしょ?

どっかの誰かも、自分の親・兄弟・友人が大事なわけですよ。


みんな、同じでしょ?

みんなで、いろんなモノを
シェアすれば、いいと思うんですよね。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

どっかの誰かだけが、
何かを奪い所有するから
妬み・争いって起こるんじゃないですかね?


みんなでシェアして幸せになったら
妬み・争いって起きないじゃないでしょうか?


やっぱり夢想家の戯言ですかね?

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@



Rize - Why I'm Me
スポンサーサイト
テーマ: つぶやき -  ジャンル: 日記
by 切腹ザムライ  at 11:43 |  留守番:ゲンザイの巻 |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

No title

>みんなでシェアして幸せになったら、妬み・争いって起きないじゃないでしょうか?

これは老子の思想に通じるものがありますね。
「無為自然の世界」と言いますか。
『老子』の思想とは、目の前に働いている大自然の摂理を見極め、これに逆行する不自然な発想をとりのぞき、政治も軍事も福祉をも抜本的に改善しようと言う遠大な理想であり、『無為自然』とは、人為を廃し自然である事を指しています。
ご存知でしたら、済みません。

Wikipedia「老子」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%80%81%E5%AD%90

by エゾ 2008/07/21 07:53  URL [ 編集 ]

No title

エゾさん:
老子は名前程度しか知ってませんね。

とりあえず
俺は俺の真理を追究しようかなぁって思う次第です。


で、
別に
ぼけてくれていいっすからねw
by ゲンザイ 2008/07/21 21:19  URL [ 編集 ]

No title

全ての人が欲望を抑えることを前提にすれば、可能であるでしょうね。
しかし
歴史を振り返ってみれば それは無理 という結論が出てしまいます。

が、
「これまでは無理だった」、イコールそれが、「これから先も無理だ」 ということではないのかもしれません。

一晩で見る夢ではなく、少しずつ皆で見れる夢になっていけば良いですね。
by 2-7 2008/07/23 00:34  URL [ 編集 ]

No title

2-7さん:
<「これまでは無理だった」、イコールそれが、「これから先も無理だ」 ということではないのかもしれません。

一晩で見る夢ではなく、少しずつ皆で見れる夢になっていけば良いですね。 >

同意権ですね。

簡単な事じゃないんですけど
すぐに結果を求めず
少しずつ少しずつ
時間をかければ、
可能性はあるんじゃないかって思うんですよね。
by ゲンザイ 2008/07/29 14:17  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。