スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by 切腹ザムライ  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

資本主義的に考えてみんかいっ!

ったく、井筒、てめぇは脳みそからっぽなのか?

このバカがよぉ!

ずうたいばっかでかくて

マジ使えねーデブだぜ!






バカにバカよばわりされるのは

マジむかつくぜ、あのバカがよぉ、しきりやがって!

てめぇみてぇな馬鹿がうえに立ってっから、他のやつらもみんな馬鹿なんだろうがよ


そうつぶやきながら肉体労働者井筒は

ポケットから300円をとりだした


彼はこの300円で、これから

神になるのだ



牛丼や!さっさと持ってこんかい!

わしを誰やと思うとんねん

お客様という名の神様やど!

神さんが人の姿をかりてご来店や!

土下座接客でむかえいれんかい!


なんや?この豚丼は?

たまねぎが多くて肉が少ないやないか!

わしを誰やと思うとんねん!

わしらが金払ってやっとるおかげで

おまえらが食っていけてるゆうこと

決して忘れんでおけや!

わしは金払っとんやぞ!

忘れんな、金やぞ、金!

資本主義的に考えてみんかいっ!

誰もがさげたくもない頭さげて

プライドけずって、やりたくないことやって

それでやっと手にできるのが金やねん!

おまえもはやくプライドけずって、

わしの290円に土下座せんかいっ!

金を手にするってのは大変なことやねんぞ!

わしは神様でおまえは奴隷やねん

はやいとこ土下座せんかいっ!

忘れんな、日本は資本主義やいうことをっ

かしこまれっ!おそれいれっ!

わしの財力の前にひれふさんかいっ!

全くてめぇは、ずうたいばっかでかくて

脳みそはからっぽなのか?ん?

たまねぎと肉の見分けもつかんのか?

だからこんなにたまねぎいっぱいいれちまったのかよ、おぉ?

あぁ、なんか返事したらどうなんだよ、コラァ!

もうやめちまえ、てめぇは使えねーからよぉ

ったく、バカばっかだぜ、この国はよぉ





スポンサーサイト
テーマ: 日記 -  ジャンル: 日記
by 切腹ザムライ  at 00:32 |  滅びし日本の姿よ |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

説教たれるその前に 鏡をのぞいたらどうだ

こないだ電車に乗ってたら

イラクだかアフリカだかみたいな顔をした がっちりとした外人と

リーマン課長って感じのふたりがしゃべってて

「あんなしょぼくれたおっさんでも 英語しゃべれんだなー

いいなぁ」とか思ってたら 思いっきり日本語で話してて


あぁ・・なんかホッとしたよ


で 話している内容がね おっさんのでっけぇ声で聴こえてくんだけど

それを聴いてると どうやら知り合いじゃないんじゃないか と

しばらくしたら思えてきて

どうやら

 酔っ払ったおっさんが外人にからんでいる図らしい


「アメリカなんてね、最近できたばっかの国でしょ?

それが なーにをあんなにエバっているんだか

じゃあどこがいいか?って

そりゃあ アンタ」



とね ここまで聴いて 俺はてっきり

「そりゃあアンタ 日本は神の国ですからねー

なんせ太陽が昇る国」


とか言うのかと思ったの

世の中ナショナリストがすげーなぁ 外人にまで説教かよ

とか思ってたら

「アメリカなんてね、最近できたばっかの国でしょ?

それが なーにをあんなにエバっているんだか

じゃあどこがいいか?って

そりゃあ アンタ


中国だよ!」




中国かよっ!?

と 俺はおおいに驚いたね


「中国三千年といってね 中国には他のどの国よりも

ずっとずっと歴史のある国なんだよ

それをね あんなアメリカみたいなポッとでの国が・・」


おいおい、日本にうまれて

中華思想かよ!http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E8%8F%AF%E6%80%9D%E6%83%B3

三千年とか 

うさんくせぇ数字だしてきたなぁ、また

そもそも その中国NO,1って勘違いのせいで

産業革命に乗り遅れ アヘンくらわされ

いまだに世界の下請け工場じゃん



ほんとにいんだなー こういう人

日本は中国に反日デモしてくれてありがとう

というべきなんだよ


とか言ってる佐高信をみてビビったけど

ほんとにいるんだなー



とか思ったけど そんなことより

その外国人が おっさんの話をまったく聞いていなくて

むしろ あきらかに迷惑そうな顔をしていることが気になった

もしかしたら 彼はアメリカ人なのかもしれん

ただ上野へ行き ただ帰ろうとしていたら

いきなり反米の使者と化したおっさんリーマンが

コミュニケーションのふりしてプロバガンダみたいなもんをくらわされ

そのままずっと電車のなかで20分近く、か


俺が中国にいって 中国の電車(あるのか知らないけど笑)のなか

中国人に囲まれて 反日の話を延々されたらうっとおしいだろうな

と思った

しかも 軽くぶっとばせそうなヘンなオヤジから


彼の体格をみてからんでんのかなー このおっさんは

別に悪意はないんだろうな たぶん

話をしているつもりになってんだろうな


で あんまり外人がシカトしてるもんだから

おっさんが「どう?ね、どうよ?」みたいな感じで意見を求めたの

そのときに その外人は 日本語で


「まず お酒をやめたら」


て言ったの

すげー名言 シビれたし

日本人でいるのが恥ずかしくなった

これはイデオロギーの問題ではなく

すでにマナーの問題だったんだな


議論しているのではなく 酔っ払いが高尚なフリしてからんでいただけ

そういう場面だったんだな と


そのあと 停車駅で彼はさっとおりて

追いかけるようなそぶりをみせるおっさんをおいてどっか行っちゃった

ほんとはぶっとばしたかったろうなって思ったけど

なにもせずに去るだけってのもかっこいいな




テーマ: 日々のつれづれ -  ジャンル: 日記
by 切腹ザムライ  at 11:25 |  滅びし日本の姿よ |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

しっこ2

「うん、いま市役所で保険料支払ってきたとこ

やっぱ月一万ってのはけっこう痛いよね

だってさ、私、月に13万くらいしか稼いでないんだもん

時給800円で月1万は痛いよー




「今年金とか問題になってるじゃない?

やっぱさー、俺はあの、フリーターがいけないと思うんだよね

だってさ、俺らは自動的に強制的に収めてるわけじゃん?

なのにやつらが納めないから、ちゃんと納めてる俺らが不安になるって

いったいどういうこと?て思うよね

結局さ、最後には国になきつくんだろうしさ

人権とかあって、捨てておけねーじゃん、国も

で、結局俺らの税金で助けてやるっつー結末になるわけだろ?

なんだよな、ちゃんと払えっつーの」


「まったくですよねー、フリーターとかニートとか

全部マグロ漁船に乗せてどっかやればいいんですよ!

東海林さんががんばって、こんなに肩こってらっしゃるのに・・

ところで東海林さん、今、保険証ってもってます?」


「いや、もってないけど・・なんで?」


「いやね、もし保険証を持ってきてくれたら

少しですけど、お安くできるんですよ」


「え?保険てマッサージにもきくの?」


「いや、まぁ、外傷というかたちで請求させていただくことを

ご了承していただければ・・なんですけど」


「あぁ、なんかわかんねーけど、じゃあ次持ってくるよ」


「ありがとうございます。やっぱ保険も

せっかく払ってるんだから、使わないと損ですもんね~」




「みゆちんは毎月ちゃんと保険払ってえらいねー」

「ひろちんは払わないの?私んとこ、こないだ

年金のとこからもなんか来てて、年金まで払わないとやばいのかな

って憂鬱になってて・・・」

「まぁ、俺は絶対に払わないけどね

若いころの一万円の価値が、じじぃになってからの

八千円と同じとはとても思えないから

今の自分に投資していったほうがマシだよ

保険だって、若い人が保険を使う可能性と

老人が使う頻度を考えれば とても払う気になんてなれないしね

俺たちよりはるかに金を持っている老人のために

俺たちが募金感覚で払う必要はないんじゃん?

みゆちんもさ、派遣やりなよ

派遣二社登録して、それぞれ週3日以内で働けば

保険も年金も払わずにすむし、正社員より稼げるよ☆」


「でも、なにかあったらどうするの?

それに将来のこととか・・・ひろちんは不安じゃないの?」


「そういう漠然とした不安とかは20世紀の考え方だドン

自分に何かが起こるリスクと、それにそなえるために払う金額を

天秤にかけて考えるんだドン

今の俺が、毎月二万円払うほどの価値は

年金にも保険にもないドン

それらのリスクは、俺ではなく、もっと他の人の身近にあるものだし

二万円は今の俺にとって小さくない金額だ」


「そうだよねー二万だもんね

私の友達、援助交際一回2万でやってるって言ってたし」




「あ、東海林さん、保険持ってきてくれることになったんですか?」


「あぁ、まぁ、若い人だから、保険持ってきてもらっても

そんなにおいしくないけどな

みや、おまえも柔道整復師なら

老人をいかに集めるかを考えろよ

老人以外は、全然おいしくねーからな

店を老人のサロンにして、毎日こさせて、保険請求しまくって

ようやく

接骨院はなりたつんだ」


「でも、こんなに申請しまくってて

バレないんですか?

コダマさんなんか、風呂場でこけて、それ以来毎日うちに来ているってことになってるじゃないですか」


「いや、ばれてると思うよ

向こうもそりゃわかってて目をつぶってんだよ

あたりまえだろ?どこの世界に

先月は風呂場で転んで肩を痛め

今月は階段で転んで足を痛める老人がいるんだ

そんな外傷のたえない老人なんて、見てみてーよ、ホント

内科ならともかく、外傷が終わることなく続くって

どんだけアクティブな老後やねん、て言いたいわ」


「へぇー、そういうもんなんですね~」


「まぁでも、もう接骨院も全然おいしくねーよ

前ほどガンガンいけねーからな

やっぱ、今はあの医者と組んでマッサージの資格で

訪問マッサージっつーのが一番だわ

障害者とか寝たきりは、マジおいしい

みやは、医者がなんで金持ってるか、知ってるか?」


「そりゃあ・・・やっぱ、医者だから、っすか?

いっぱい勉強して、人の命を救ったり・・・」


「アホか、医者が金持ってんのは

保険が使えるからだよ

皆がプールした金のなかから、医者だけが抜く権利を持ってんだ

柔道整復師とか、やっぱ全然抜けないからな

ホント、ちょびっとずつちょびっとずつ、だからな

医者はすげーよ、もりもり持ってけるからな

だから、医者と組めれば、俺らでもかなりいけるんだよ

医者なんてさ、親が金持ちじゃねーとなれねーだろ

それはさ、資格に価値があるっていうよりも

誰もが抜けるようになったら、利権を持つ人間が

おいしくなくなるから、垣根を高くしてんだよ

垣根を高くすることで、垣根に対する新たな利権も生まれるしな

マジでこの国の国民はアホだからさ、平和な建前で

資格とか考えてくれっけどさ

真の意味は経済的に見て初めて見えるもんだっつーの

でもさ、俺らもそこに割って入らないとさ

損してるみてぇなもんじゃん

やつら、親が金持ち→医者、とかばっかが保険から抜けるっつーのはさ

どう考えても不公平だろ?

いいか、みや、この業界に入った以上

いかにして保険からぬくか、それに常にアンテナをたてとけよ

アホな国民がせっかくよくわからないまま毎月2万も払ってくれてんだ

プールしている場所には、金がうねってんだよ

やつらは毎月二万も払いながら無関心

奇跡だろ?

保険だって年金だって、アホが金をプールしてて

誰も関心もねーなら、そりゃ抜くっしょ(笑)

今は年金にマスコミがさわいでっからさ

一緒になってさわいでっけど、まぁマスコミの興味がうつれば

また考えもなく払ってくれるからさ


でも、今度アメリカで保険に関する映画ができたらしくさー

またアホ国民がブームとして保険に関心をよせてさー

マスコミがさわいで・・・見えるようだ、その光景が


はぁ~、うぜぇ映画だな、くんなよ、日本に」



by 切腹ザムライ  at 14:49 |  滅びし日本の姿よ |  comment (1)  |  trackback (0)  |  page top ↑

しっこ

「あいつさぁ、もう26なのに

まだ自分の保険証もってねーんだぜ

大人なのに自分の保険証もってねーとか、やばくない?」


「ていうか、だせーね、うん

親の扶養の保険証とか、マジだせーw

俺なんてついに保険証ゴールドになったからね♪」


「え?あの三年間まったく保険証を使わなかった者だけが手に入れられるっていう

あの伝説のゴールド保険証になったの!?てっちゃん?」


「あぁ、これ、合コンで見せたりすると

マジもてもてだからね!

きゃぁ、病気しらずの健康的な遺伝子

私の子供に引き継ぎたい
て言われるし」


「あぁ、女性誌でも特集組んでたもんね

ゴールド保険証は健康と経済力の証って

いいなぁ、俺、こないだ風邪んとき使っちゃったからなぁ・・」


「使っちゃあダメなんだよ!

俺もさ、二年半くらいで、ゴールドまであと半年ってときに事故っちゃってさ

でもあと半年じゃん

自費で治したからね

そんぐらいがんばらねーと、ゴールドには届かねーぞ!」


「えぇ、てっちゃん、あの怪我

全部自費診療で治したのっ!?」


「おぉ、けっこう痛い出費だったけどなぁ・・

でもさ、おかげでゴールド保険証になれば

最初の一回の診療分はさ、治療費の90%を国が負担してくれるわけじゃん?

この安心感はでかいよーやっぱ

90%負担してもらえるんであれば

かなりのことがあっても、大丈夫だなって思うしね」


「へぇー、確かにね、90%はすごい安心だよね

でも、そうなると逆に、ちょっとの怪我じゃあ

保険とか使えないんじゃない?」


「そうなんだよなぁ、せっかくゴールドになったのにさ

使っちゃったらもとどおりじゃん?

だから、もう一個保険証持とうかな、と思って

いざってとき専用のゴールドと

普通のやつとさ」


「さすがてっちゃん、あったまいい!」


「まぁ、月に二万以上払うのは

けっこう痛いけどな

でも、最近政府のCMでもやってんじゃん

保険証を持つのは大人の証ってさ

そうだと思うんだ、俺

やっぱさ、山下みたいな、大人になっても保険証もってねーようなヤツは

ダメだと思うよ、うん

むしろ、俺は将来的には、ゴールドを三枚持つくらいの

そんぐれぇビッグな男になりてぇんだ」


「さすがてっちゃん、男のなかの男だぜ!

俺もてっちゃんを見習って、今日からゴールド目指すよ!

若いうちなんてたいした怪我もしないんだからさ

自費で治せばじゅうぶんだもんね!」


「あぁ、なにも保険証使うようなヘタレな真似しなくたって

特に怪我もしねーしな!ゴールド目指して

一緒にがんばって保険料おさめまくろうぜ!!」



by 切腹ザムライ  at 07:40 |  滅びし日本の姿よ |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

人は考える、悪し

そうか、まぁ確かにな、悩むことは苦しいことかもしれん

でもな、人間っていうのは、考えるからこそ人間なんだ

いいか、久保

先生も久保くらいの年齢の時には

よく考えていたもんさ

「いきることの意味ってなに?」

「どうして人間は生まれてきたんだろう?」

ってな

でも、そういう問いは、はるか昔から

人間が哲学としてずっと考え続けてきたものなんだ

だからな、久保

先生は言いたい

もっと悩め、と

考えるからこそ人間は大きくなれるんだ

先生は久保のような、考える人好きだぞ



大介とバイバイして、家に帰って

寝付くまでの間、私はまた考える

「もし、今月生理がこなかったらどうしよう」

って。。。

考えることは苦しい、、でも、私は考えなくてはならないんだ

考えることから逃げてはならない

人は一人で考える時間によって成長するのだからっ

私は考えることから逃げてはならない

考えることから逃げるということは

つまり、人生から逃げるということだから

私は毎晩、眠る前に考える

気がつくと、今夜も眠れないままに夜が白んでいる


一度、大介にきいたことがある

「もしも、私が妊娠してたらどうする?」

大介はめんどくさそうに

「そういうのは、そのときに考えればいいんだよ」

と答えた


やはり、女は損だな、と私は思う

避妊はしている、と大介は言うけれど

そんなのはいくらでもまぎれはある

100%の避妊法などはないのだ

妊娠する可能性は、まったくのゼロではないのだから

そのときのことを考えておかなくてはならない

そのときのことを考えておかないと大変なことになるから


私は今日もずっと生理がこなかったときのことを考えている

今夜も、私は眠れない


最近の地震は全て予震だ

ここ、一、二年の間に 壊滅的にでかい地震は絶対くる!

俺はずっとそれを考えて絶望的な気分になる

この地上に、逃げ場はないのだ


そのときについて備えておかなくては、人間は確実に死ぬ

残された手はただ一つ、福岡に引っ越すのだ

福岡は日本列島のなかで唯一、地盤の安定している地域だ

俺は、俺が生きて欲しいと願う友人たちにも

福岡への移住をすすめた


しかし彼らは仕事があるからといって

東京を離れようとしない

地震が来て死ぬときに

彼らは自分の愚かさを思い知ることだろう

仕事のために、地震に殺されるなんて、、、

福岡への移住が決定し、引っ越すまであと20日

その間に地震がきたら、、、全てが台無しだ

そう思うと、俺は今夜も眠れない

ちゃんと考えて生きているんだ、神様

あと20日、20日間だけ、待っててくれないか



やはり、日本の今後の教育の柱として

「自分の頭で考え、行動することができる子」を育てていくべきだ

と私などはそう思うわけですね

考えることの大切さを、もっと子供たちに説かなくてはならない

その思考が、生産的なものであるかどうかを見極めることなどは全く教えず

「精神病的な不安」を「人類が築いてきた哲学的思考」とごちゃ混ぜにして推奨するのです

さぁ、声を大にして叫ぶのです!

考えることはすべからくすばらしいっ!

人間は考えるAsiであるっ!!

考えなくてはならないっ!考えることをやめるなっ!

考えて考えて、頭がおかしくなって自殺するのがすばらしいっ!!

ただただネガティブに死にたくなるだけの深夜の孤独な思考を

「自分の世界を持っている」もしくは「哲学している」と呼び

どんどんほめたたえるのです!!


そして、我々日本人は、最終的に

「考えないでいる状態」というものが考えられない

もっともリラックスからほど遠い民族へと進化をとげるのです!

自分の意志で考えている状態と

不安につき動かされて考えさせられている状態、の違いなど

学校では全く教える必要がないっ!

ただただいっしょくたに「考えることはすばらしい」と

賛美をしなければならないっ!


もっと、多くのこどもたちの思考回路のなかに

~しなければならないっ!という文体を

ひろめていくのですっ!

いやっ、ひろめていかなければならないっ!


めざせ自殺率世界ナンバーワン!!

日本は美しい国なのですっ!!



テーマ: 日々のつれづれ -  ジャンル: 日記
by 切腹ザムライ  at 11:43 |  滅びし日本の姿よ |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。