スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by 切腹ザムライ  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

みやがんなて!

「ついに亀田が謝罪したて!

見た?泣いちょったかいね、あいつ!

てげうぜーて、泣くぐらいなら最初かいみやがらんけりゃいかったっちゃわ!

みやがっちょっかいこんげなっとよ!」


「じゃあじゃあ!みやがっちょっやつぁ、俺ぁ皆すかーんがぁ

沢尻とかもよ、結局泣いてかいよ!

てげすかっとしたて!

この日本でみやがって生きていくっと思っちょんのがだいたいおかしいわ!

俺らが学校で習った唯一のことが みやがっちょっやつは叩かるってことやったのによ

あいつらは なぁんも学校で学んでこんかったっちゃろうかね

日本人らしくよ、皆と同じようにしちょかんかい

こんげなコツんなっとよ!」


「じゃあじゃあ!態度がでけーとか、マジありえんかいね

日本人失格やわ!

日本人は「俺みたいなうんこの生活を読んで笑ってください

マジもてないキモヲタでごめんなさい」ていう文体で

ネットで文章書いて盛り上がっちょんのがぴったりやっとんよ

なんや、あいつら、てげみやがってかいよ!

マジむかつくて!」


「じゃあじゃあ!俺は子育てんこつもボクシングんこつも

なんもわからんけん、あの親父と子供は離したほうがいいと思うね

だって、皆がそんげして言っちょっちゃかい、そのとおりに決まっちょっわ!

あの親父が全部わりーとよ!

あの親父が洗脳してかい、みやがり三兄弟を作ったっちゃかいよ

ちゃんとでてきて泣いて謝れて!」


「じゃあじゃあ!いつまでみやがる気やっちゃろうかね、あの馬鹿もよ!

てげうぜーて、つつましくねー態度のやつはよ

全部和田アキコに怒られて泣けばいいっちゃわ!」


「つつましくねーて言えば、武本が

みやがってかい、日本人のくせに

アメリカ様から独立して、軍隊を持とうとか言っちょっらしいじ!」


「なんみやがっちょっちゃろうかね、あの馬鹿わ!

日本人が軍隊とか、みやがんのもほどほどにしちょけてね!

日本人はうんこ民族やっちゃかい、世界中に涙ながらに謝りまくって

金払って払って払いまくるのがスジっていうもんやろうがて!

あんまみやがっちょっと、和田アキコに言うど!」




ー3ヵ月後ー


「なんでこんげな時間にボクシングなんかやっちょっちゃろうかね

誰もボクシングなんか見たくもねえのによ

ボクシングなんか深夜にひっそりと放送しちょけばいいっちゃわ!

こんなん、K1に比べたらてげつまらんて!

誰や、内藤て?あぁ、あの亀田のか

亀田がおらんごつなっても、まだボクシングやっちょっやつもおるっちゃね~

ご苦労さんなこつよ

誰ももうボクシングになんか興味ねぇのによ」


「じゃあじゃあ!だいたいキャラがつまらんやつばっかやかいね

K1のほうがしゃべったりして、ちょーおもしれぇわ

ビデオ借りてきてK1見ようや」



スポンサーサイト
テーマ: 日記 -  ジャンル: 日記
by 切腹ザムライ  at 21:23 |  未分類 |   |   |  page top ↑

時の終わりには

自分が死んだときにかける曲ってのを

定期的に考えるんだよね

なんか 葬式とかは金の無駄だから

俺としては必要ないんだけど

死人にくちなし

俺のうかがい知らぬところで 葬式 ということに

なった場合の話ね


「死人」 ザ・ハイロウズ

「即死」 ザ・ハイロウズ

「坊主の煩悩」 ザ・茶番

「夕凪」 真心ブラザーズ

「californication」 レッチリ

「楓」 スピッツ

「その後の世界」YO-KING

「LOVE」 JOHN LENNON

「ナビゲーター」 ザ・ブルーハーツ

「チェインギャング」 ザ・ブルーハーツ

「情熱の薔薇」 ザ・ブルーハーツ

「seize the day」 ryotheskywalker

「live forever」 oasis



これ、なんかバトンとかできねぇのかな、

皆は死ぬときにどんな曲をかけたいんだろ?

やっぱ鈴木あみかな



24年かぁ・・為すべきこともなく よく生きたもんです


できたら 海に流してもらいてぇ

世界の七割が俺の墓だ

きみをやさしい気持ちにかえるだろう

水平線をこえてゆけ


雨となりて 君を守らん 我が魂



このぼくも いつかは死ぬのだ と

そんなことばかり 考えていたことがあった

実は いまでも ときどき考える

何かの拍子で

僕が死ぬときと そのあとの世界


何も かわらず 世界はつづく

ぼくは ただただ いない


YO-KING  「そのあとの世界」

by 切腹ザムライ  at 10:53 |  未分類 |   |   |  page top ↑

酒は飲んでも

朝、俺はサムライらしく、その寝起きの悪さをぞんぶんに発揮して

必死にお日様のまぶしさに逆らっていたわけですよ


すると、俺の携帯ちゃんがリンリン鳴ってくれちゃってるじゃないですか

「誰だ、こんなカタギな時間に電話かけてきやがるヤツぁ」

と、朝の十時に思ったわけですよ


で、まぁ当然電話はシカトざんまいだったんですけど

見ると、なんか留守電が残ってるじゃないですか


ハラキリさんは携帯の留守電とか聴くのに

ちょっと緊張してしまうほうなんですよ

悪いことがおきる予感っていうか・・・まぁ

サムライですからね


で、留守電を再生したところ


「管理会社の者です。隣の家の人から苦情がきています

あなたの家の窓から、ゲロをはいた人がいるそうです

至急、掃除してください」


なんですとぉっ!

朝から一発で目がさめましたね

で、ハラキリさんはその日家にいなかったので(ハラキリさんほどのサムライになると

もう、ほとんど家にはいない、サムライだから)

至急アレックに電話かけたわけですよ


アレックは外国人らしく、その寝起きの悪さをぞんぶんに発揮して

必死にお日様のまぶしさに逆らって寝ていたようですね

俺が朝の十時に電話すると

「誰だ、こんなカタギの時間に電話かけてくるやつぁ」

ていう感じで電話にでたんですけど


「アレック、昨日ゲロはいた?

なんか、隣の人から苦情が来てるらしいんだけど

ベランダとか玄関とか、見てみてくんない?」


「いやいや、俺はゲロなんかはいてないって

今見てみるけど・・・いや、なんもないね

なんでそんなことを言ってるのか、俺にはさっぱり」


なんだよー、勘違いかよ~、朝っぱらから人さわがせな・・・

ムカつき半分、安心半分で管理会社に電話するハラキリさん


「あの、なんか勘違いじゃないですか

やってないって言ってるんですけど・・・」


「あなたの家に外国人いるでしょ

そいつがゲロはいたのを、隣の人が見てるんですよ

あと、夜中にうるさいって苦情も来ていてですね

そもそも、契約では一人で住むってことになっていますよね?

外国人と二人で住んでるんですか?

しだいによっては、契約違反ででていってもらいますよ」


「いや・・・あの、確認して、折り返します」


で、電話を切ったところ、アレックから着信が二回

アレックにかけなおしたところ


「アイムソォソォ~リィ!昨日はちょー酔っ払ってて

なんにも覚えてなかったんだ

でも、今みたら、確かに俺がやってるよ」


とのこと。

おいおい、それじゃあ、まるで俺が 管理会社に対して

一度しらばっくれて、すっとぼけてみようと試みた人みたいになってんじゃーん

しかもきいたところによると、ゲロは玄関やベランダではなくて

三階の窓から下界へ向けて放たれたものらしい

隣の人っていうのは、マンションの隣の部屋の人ではなくて

マンションの隣に建っている家の人ってことだったのね・・


かぁー、やっぱ外国人さんはやることのスケールが違いますなぁ


にしても、外国人が窓から顔をだして

自分ちの敷地内に三階からゲロをはきかける様を見てた隣の人

ご愁傷様です・・・


一度ごまかそうとした形になっている管理会社に電話をかけなおすのは

かなり気まずい作業でしたが、それも無事に終え

今、自分は家にいないので、アレックが片付ける、ということで

話はまとまりました


その夜、スーツを着て アレックの買った菓子折りを持ち

お隣さんの家のインターホンを押す

ハラキリさんの姿があったという・・



テーマ: とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) -  ジャンル: 日記
by 切腹ザムライ  at 13:53 |  未分類 |   |   |  page top ↑

リネージュ

なんか、ネットゲームとか一切手をださないハラキリさんは

リネージュときくと漫画喫茶に貼ってあるポスターしか

浮かばなかったんですが

リネージュっていうネットゲームがおもしろいことになってるらしいっす!



まず、このネットゲームはもともと韓国発祥のゲームらしく

ユーザーも7:3くらいで韓国人のほうが多いんだって


で、韓国人は韓国人用のサーバーがあって

日本人には日本人用のサーバーがあるんだけど

韓国でも強くなった えりすぐりのエリート戦士たちは

おとなしく韓国サーバーでなんか遊んでなくって


ネットゲーム上で



日本人のサーバーに入ってきて

日本人を殺しまくるらしい



いつぞやの大戦の恨みとか

反日感情からの行動なのか・・



で、日本人はそれになんとか対抗しようとするんだけど

もともと韓国発祥のゲームなので

韓国でしか手に入らない昔のアイテムとかがいっぱいあって

しかもそれがめちゃくちゃ強くって

とても太刀打ちできず



爆弾っていうのを使って

ワナにはめてしか 韓国人を倒せないらしい



なんか おもしろくない?

ネット上で第三次世界大戦だよ

ナショナリズムのぶつかり合い!



八月十五日

日本軍はキャラクター名



靖国太郎を作成!



こいつを叩き潰そうと

韓国軍団が多数 日本サーバーに上陸!



血で血を洗う

すさまじい戦いが繰り広げられたという・・・




もはやネットゲームはただの遊びではなく


電子上の国家間戦争なのであった




テーマ: 日記 -  ジャンル: 日記
by 切腹ザムライ  at 10:49 |  未分類 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

秋葉原通り魔事件 対談 その3

ひお「秋葉原の事件について『納得した』、というのは面白い観点ですね。
確かに、この事件はなんだか「想像を覆さない」感じだし
『少年A』のように、みんなが理解に苦しむような
動機・犯行の異常性も、猟奇性もないですね。
もちろん残酷な事件ではあるし、報道を見て大きなショックを受けたのですが
事件の詳細や犯人の動機、生い立ちを知るにつれ
『現代に起こりうるストーリー』をなぞらえているような、
そういう奇妙な既視感を覚えるようになってくる。
ある世代にとっては『わかりやすい事件』なのかもしれません。

ネットでの男女の違いの話。
出会い系で男女にそんなに差があるんだ!とびっくりでした。
ネット黎明期には、もう女であるというだけでよりどりみどりだったと
田口ランディのエッセイにあったけど、今も大して状況は変わってないわけですね。

確かに、女の子にとってのネットは『自己顕示欲を手軽に満たせるツール』
だと思います。そこは男の子とは違うかもしれない。
女の子だと、ちょっとエッチなことを書いたりしてうまく撮れた写真を載せれば
別に内容が面白くなくてもアクセス稼げますもんね。(笑)
それは男の子の場合だと成り立たないかも。
ただ、そうやって満たされた『自己顕示欲』が、本当に女の子自身を
癒してくれるのかどうかは、ちょっとわからないです。
歪んだ形であることは確かだと思うので。

どちらにせよ、『使い方』だと思うんですよね。
インターネットって。

ハラキリさんが書いている通り、『ネットでの人間関係』を
全て一緒くたには語れないとは思います。
掲示板とブログ、というだけでもそこでの関わりは種類が違うし
ブログという『定位置』を持つことで、そこにはなんとなく
コミュニケーションに対する責任 のようなものが生まれるように思います。

ネットの使い方は、本当に人によってはさまざまで
わたしの場合、ネットもブログも、始めた当初は
『普段は出せない自分を120%解放する場所』でしかなくて
そこでの姿は、現実の自分とは全く繋がらないものだったわけです。
だから、ネットで知り合った人と現実でも繋がろう、友達を増やそう
という考えははじめから全く考えになくて。

『完全に開かれているにも関わらず、自分だけの世界を築ける閉鎖的な場所』
というのがわたしにとってのインターネットの世界だったし、
そこで適度に自己顕示欲を満たす、というのが
わたしの『ネットの使い方』だったわけです。

でもみんながみんなそういうネットの使い方をしているわけではなくて、
ネットで発生した繋がりを、ちゃんと現実に持ち込める人もいるのですよね。
例えば、『オフ会』なんかがその一例でしょうか。
現実とネットの姿が完全に遊離している(と、自分では思っている)
わたしにすれば考えられないことなのですけど、
結構やってる人が多いので、『それが普通なのか!』とびっくりでした。

で、わたしからすると、そういう人というのは
『ネットで得た虚像を、ちゃんと実像に転換できる力のある人』
に見えるのです。
ネットでの影響力を、ちゃんと現実に持ち込めるといいますか。
だから本当に、ネットは使い方次第でどうにでもなるものなのだなぁと思います。

豊かな人間関係を築くためのツールとしてネットを使える人もいれば、
自己顕示欲を満たすためのツールにする人もいるし、
虚像でしかない関わりを最後の希望だとすがりついて
そこでの無責任で根拠のない言葉や悪意に、深く傷つけられてしまう人もいる。
そういうのは結局はコミュニケーション能力の差、なのかなぁと思ってます。

秋葉原の彼は、あまりにも現実世界の中での他者との関わりが薄く、
ネットを最後の関わりにしていたような感じがします。
その中でも特に匿名性の高い掲示板でしか自分をさらす方法を知らなくて、
そこでの出来事の影響力があまりにも大きくなりすぎたのかも。
本当は広いはずのネットの世界なのに、
彼にとってはその掲示板という狭い世界で相手にされるかどうか、が
全てになってしまって。
それはとても危険なことなのに、そう気がつく客観性もなかった。
そこが自分を否定すれば、世界中に否定されたように感じたのだろうし
実際にそう思える裏づけが現実世界にたくさんあった、のでしょう。

ネットの世界でもいいし、その中のどんなところでも構わないから
せめて、彼がもっと別の『自分が相手にされるところ』を発見できるくらいに
他者との関わりにしがみついてくれていれば、
まだ救いはあったのではないかなぁと思います。

そういう意味では、確かに彼が女性だったらこういうかたちの犯罪は
起きなかったのかもしれませんね。
たとえ仮初めのものだとしても、自分を受け止めてくれる場所が
容易く見つかったかもしれないから。」


ハラキリ「そうですね、彼にとって犯罪も一つのコミュニケーションだったように思います

多くの人が感じるように、独善的で身勝手な行為ではもちろんあると思うんですけども

世界と関わりたくないわけでも、ただ人を殺したかったわけでもなくて

彼が夢見ていたのは「人殺しの先でさわぐ世界」だったと思うんですよ


つまり、彼はネット掲示板で相手にされなかったから

人を殺せば相手にしてもらえるはずだ、と無意識的に夢見たってことになると思います

彼にとって人殺しは目的ではなくて、ツールだったんじゃないかな

世間に自分を理解してもらうための、コミュニケーションツール

人を殺すまでは誰も見向きもしなかった僕の人生を

今は皆が見てくれるんだ


つまり「報道されて騒がれることを含めて、それが今の殺人」という感覚ですね

殺人という一言のなかに、殺したあとのマスコミ報道を絶対に彼は夢見ていたと思うし

むしろその希望とコミュニケーションしながら、彼は車を走らせた、と


もし、この世界で殺人の報道を隠すような風習があって、誰もあんなふうには報道されないとしたら

彼はたぶん、人を殺さなかったでしょうね

そんなことをしても、彼のなかで、意味がないというか・・

人を殺しても、掲示板に書き込んでも、無反応しか返ってこない、というむなしさが

彼を殺人ではなく自殺へ向かわせたかもしれません


彼は反応がほしかった、で、それを今手に入れて

だからといって、今しあわせ、というわけでは決してないと思いますけども

少なくとも、反応がもらえる、ということを予測できたからこそ、人を殺したという点で

彼は、未来の、つまり今の我々の反応とコミュニケーションしながら

車を走らせた


僕を見て、僕を見て、僕はここだよ

僕を見て


そんな声が聞こえてくるようなさみしさにこそ

人々が少し 共感のようなものを感じているのかな、って思います」


テーマ: ひとりごとのようなもの -  ジャンル: 日記
by 切腹ザムライ  at 00:28 |  未分類 |  comment (1)  |  trackback (0)  |  page top ↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。